後悔しないために買取業者を選ぼう

安心して手放すために

依頼先を見つけるためのポイント

美術品・骨董品の買取を行っている業者は、かなり多く存在しています。あまりの多さに依頼先を迷ってしまう方も多いでしょう。そのため、業者選びの際にはいくつかのポイントを確認して吟味することが重要です。

買取実績が多いほど信頼できる

まず、大手の業者では買取実績を数値として提示している場合がほとんどです。人気の業者の場合、実績が年間数万点と大きな数字となっているので、そういった多くの方に利用されている業者になるほど信頼性も高いでしょう。

取り扱っているジャンルを確認しましょう

美術品を買取る業者の多くが、販売も同時に行っています。ホームページ上では取り扱っているジャンルがリストアップされていることも多いので、どんなジャンルが多いのかを確認しておくと良いでしょう。

買取強化作家を確認しておく

時期によって変化しますが、多くの業者では特定の作家の作品買取を強化している場合があります。複数のサイトをチェックし、自分が売ろうとしている美術品等の買取が強化されているなら、その業者を利用すると良いでしょう。

買取業者を利用した方の声

査定より買取価格が高くなりました(60代/女性)

美術品の買取を依頼する際、査定の段階で状態にキズありと報告していました。査定で提示された金額に納得したのでそのまま承諾となったのですが、いざ美術品を郵送してみると想定していたより状態が良かったらしく、査定時より買取価格を高くしてくれたので大変満足しています。

専門知識が無くても、丁寧に解説してくれたので安心しました(50代/男性)

私は美術品に関する知識がほとんどなく、査定時になぜこの査定額がついたのか疑問に思っていました。引き取りに来てもらった際に査定額の要因について聞いてみると、作品の評価や作家についてのプロフィールまで細かく説明してくれ、「今の時期だとこの価格が妥当」という事を納得して手放すことが出来ました。

思わぬ価値を見出してもらうことが出来ました(70代/男性)

戸棚を整理していた所、古い掛け軸が出てきました。かなりの年代物だったので高く売れるかもと期待していたのですが、近場の古物商に持っていくと満足のいく査定額とはなりませんでした。そこで息子に依頼してネットで買取ってもらった所、古物商の言い値の倍以上の値段で手放すことが出来ました。

ただのハガキだと思っていたら(20代/女性)

祖母が終活として所有物を処分したいと言ったので、家族皆で仕分けをした所、一枚の絵葉書が出てきました。署名が書かれていたので気になってその名前で調べた所、なんとその絵葉書は有名な画家の描いたものだったのです。絵葉書はきちんとした作品ではありませんが、それでも作品と同じように、高く買取ってもらうことが出来ました。

数がありそうな絵でもきちんと買取ってもらえました(50代/女性)

旦那が結婚前に絵画商法で買わされた絵を、「いずれ価値が出るから」と言いくるめられて長い間飾り続けていました。しかし、そろそろ邪魔になってきたので買取業者に見てもらった所、思っていたより高い値段がついたのでうれしかったです。